*支援者のみなさまへ*


クロスヘルメット キックスターターキャンペーン*を通じて、
合計44,543,470円 の支援金額を集めることができました!
ご支援いただき、誠にありがとうございました。


*キックスターターキャンペーンは2017年9月13日〜10月12日まで開催されました。




今後も新たな機能追加や幅広いサイズをご用意するために、引き続き下部支援ボタンよりご支援いただくことが可能です!リワードの内容はhello@crosshelmet.com までお問い合わせください。このサイトからのプレッジ限定のリワードもございます。どうぞご期待ください!

-CrossHelmet Team



*支援者のみなさまへ*

クロスヘルメット キックスターターキャンペーン*を通じて、
合計44,543,470円 の支援金額を集めることができました!
ご支援いただき、誠にありがとうございました。
*キックスターターキャンペーンは2017年9月13日〜10月12日まで開催されました。

今後も新たな機能追加や幅広いサイズをご用意するために、引き続き下部支援ボタンよりご支援いただくことが可能です!リワードの内容はhello@crosshelmet.com までお問い合わせください。このサイトからのプレッジ限定のリワードもございます。どうぞご期待ください! -CrossHelmet Team

からご支援いただけます!

*ご支援いただいた後、一週間以内に各リワードのサイズ・カラーをお伺いするメールを支援者さまに お送りいたします。ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。


















クロスヘルメットとは?


従来からモーターサイクルは、ヘルメットよりもずっと早く高性能なものとして進化してきました。我々が開発しているクロスヘルメットは、新しい技術を用いて、ヘルメットを再発明しようとしています。 より安全で、より快適なライディング体験を提供したい。クロスヘルメットは360°視野、サウンドコントロールによるノイズ低減を可能にします。 また、Bluetoothを搭載し、スマートフォンとの接続を可能にします。 これまでになかった、最もスマートなモーターサイクルヘルメットです。















既存製品との違いとは?


クロスヘルメットは、幅広い視界に加えて、空気抵抗や安定性、素材耐久性など、最高のヘルメットの設計を組み合わせた製品です。視認性を高め、走行安定性を増し、騒音を低減します。これらの機能は、快適性と機能性を考慮して設計されたカスタムシェルに統合されています。









ヘッドアップディスプレイ







・360° 視界の確保

後方視界の確保は、ライダーの安全性を高める上で不可欠な要素です。そのため、クロスヘルメットにはリアビューカメラが搭載されています。前方に広めに確保されたバイザーと後方カメラによる映像を合わせ、最適な周囲360°の視界を確保します。


・ライディング情報

クロスヘルメットを使用すると、ライダーは天気、気温、方角など、ツーリングに関連する情報に簡単にアクセスできます。ネットワーク接続やバッテリー残量などの情報も合わせて表示され、さらに交差点のポイント、目的地までの距離、走行時間なども表示されます。



サウンドマネージメント





・クロスサウンドコントロール

クロスヘルメット独自のユニークなノイズ制御システムであるクロスサウンドコントロールは業界初のテクノロジーです。ライダーのニーズに応じて、環境音を低減または増幅できるよう設計されています。ライダーは、疲労の原因となることが多い、道路環境におけるエンジン音や摩擦音、風切り音などのノイズを制御することができるようになります。


クロスサウンドコントロールのシミュレーション




・グループトーク

グループトーク機能により、グループの他のメンバーと会話をし、コミュニケーションをとることが可能になります。クロスヘルメットを着用していないメンバーとも、スマートフォンやBluetoothを通して接続可能です。


・Siri、Googleアシスタント

ワンタッチアシスタントアクティベーションにより、SiriやGoogleアシスタントの音声制御が可能になります。


・音楽再生、ポッドキャスト、通話機能

ヘルメット内蔵のスピーカーから、音楽、ラジオ、ポッドキャストを聞くことができます。また、高音質な通話も可能です。



スマートフォンとの連携機能


クロスヘルメットは、Bluetoothによるスマートフォンとのペアリング接続が可能です。


・タッチ操作


ヘルメット側面に配置されるタッチパッドを利用して、スマートフォンやHUDの機能を簡単にコントロールできます。




ヘルメット側面に配置されるタッチパッドを利用して、スマートフォンやHUDの機能を簡単にコントロールできます。


・モバイルアプリケーション

クロスヘルメット専用のスマートフォンアプリは、iOSとAndroidで利用することができ、多くの便利な機能に簡単にアクセスできます。











安全性について






・安全規格

クロスヘルメットが出荷される各国で要求される安全基準を確実に満たすために、豊富な知識と経験・リソース・先進的な設備を備えた製造パートナーと協力して開発しています。クロスヘルメットは、DOT、ECE、JIS規格を満たす製品として開発されています。


・LED セーフティライト

ヘルメットの両側に取り付けられたLEDライトは、夜間運転時の周囲からの視認性を向上させます。





・安全なバッテリー

クロスヘルメットは最先端のバッテリー技術を搭載しています。リチウムセラミックバッテリー(LCB)は完全にリスクフリーです。物理的衝撃、穿刺、熱的損傷において、漏れ、煙、火災、爆発などを起こしません。






クロスヘルメットの独特で機能的なデザインは、その特徴を他の製品とはっきり区別するものです。当社のチームは、長年にわたり世界的にも有名な製品を複数手がけてきたプロフェッショナルで構成されています。


・エアロダイナミクス

最高の空力基準に合わせて設計されたヘルメットの形状は、安定した快適な乗り心地のため、優れた空気抵抗を実現しています。


・インテリアスペース




独創的な形状のフロントバイザーは、独自の発想に基づいたものです。従来のヘルメットと比較して、クロスヘルメット X1は30%以上の広い視野角と内部スペースを持っています。より開放感を感じられ、ストレスを軽減する快適さを提供します。












着想〜プロトタイピング


私たちのチームは、クロスヘルメットを想像から現実のものにするためにこれまで3年間、開発を続けてきました。デザインし、試作し、設計し、これまでに6つのプロトタイプを作成しています。現在のプロトタイプは実際に動作し、機能確認することが可能なものです。


















チームについて


私たちBorderlessのチームメンバーは、ヤマハ、ニコン、ソニー、ノキアといった大手企業で、ヤマハMT-09やウォークマンのような製品を開発してきた経験豊富なエンジニアとデザイナーで構成されています。私たちは、日本、ヨーロッパ、北米でオートバイやレーシングカー、エレクトロニクス製品の開発と製造を経験してきました。

創業者の大野はいつもバイクに対する情熱を持ってきました。彼は最初ヤマハ製50ccバイクから始まり、現在はHusqvarna SMS630に乗ってツーリングを楽しんでいます。 彼の夢のバイクコレクションは、Norton manx、BMW R32、MV Agusta F4 Serie Oroなどです。 2012年にBorderlessを設立する前は、デザイン会社GK Design GroupのプロダクトデザイナーとしてMT-09のデザインを含む国内外の多くのプロジェクトを担当しました。東京芸術大学美術学部デザイン科卒。